体質改善のすすめ

あなたは体質改善が難しいと思っていませんか。
なかなかできない体質改善
今からでも遅くはありません、やれば変わります。

体質改善をするためには何をするか。簡単なことから始めるのが一番楽でしょう。


登録フォーム




冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善
アレルギー体質
ワンポイント
顎と体質改善
女性の病
不正出血
リウマチ
体質と貧血
体質改善と歯
高血圧
体質と便秘
妊娠
子宮筋腫
体質と痔
銀行
ごみの話
食べる体質
▼健康雑録▼
冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善



体質改善をいかにして成功させるか。





体質改善と喘息



いつも咳がでてつらい、夜中に咳が止まらないことはつらいものです。

西洋医学では、喘息はアレルギーの一つでアレルゲンの特定をすることが

治療の一つと考えています。

東洋医学では、喘息は肺の臓器の異常によるものと考えています。また、


肺の異常が肌などに出るとアトピー、結膜炎などと言われています。

つまり、喘息の咳とアトピーの発疹、涙がでるというのは実は同じことなんで

すね。西洋医学で考えると症状が違うので治療する科目が違いますが、

東洋医学では同じなんですね。原因が同じということです。

喘息は子供でもおこりますが、自然によくなる人もいます、しかし、最近は

アレルギーなどでよくならない人も増えているといわれています。

針治療をするときにもこれを理解して治療をしています。自宅で治療をして

いただくときにもこのことを特に理解していただくことが大切になります。

体質を自分で改善するときにもこのことが理解できないと

治療の効果が出なかったりしてしまいます。


■喘息の原因とは

  • ストレスによるもの
  • 飲食の偏りによる
  • 外邪
  • 過度の房事
  その原因で七情というのがありますが、喜、怒、哀、楽、悲、驚、
  憂の過不足がストレスになりますか
  ら注意をしてください。喘息には特に関係しています。

  食事の取り方でも喘息なる傾向が特にあります。

対策をしましょう。
  ・食事を改善してみましょう。食事の粗食をこころがける

  ・姿勢をよくしましょう。(姿勢のゆがみが吐いを小さくしますから、

   左右前後の動きを よくすることがポイント)腰、お腹の出ているの

   を減らして、体重も減らしたいものです。

  ・心の余裕をもって生活をしてください。いつもせこせこしないでのん

   びりとすることも大切ですね。

  ・規則ただしい生活、リズムを作ってください。

  ・便を出すことで、気が下がりますから、咳が和らぎます。

  ・活性酸素対策もしておくことがいいでしょう。食事の内容を出来るだ

    け自然のものを取るようにしてください。

  ・下半身を強化することで、体力が高まります。足首を回してみることで

   足に柔軟性ができ動きが柔らかくなります。


喘息はすべてがよくなることもありません。重症化したときは、びょえ陰の対策も

必要になります。手遅れにならないようにしてください。

ただ、少しでも体質改善をして薬を飲まなくても体つくりをしてください。

食べることを変えるだけでも、体調に変化を作ることができます。



  



簡単なことからできることを試してみませんか。

体質改善の考え方 体質改善は姿勢 食事を2食に 毛細血管の話
心と健康の話 家は姿勢と同じ 冷え対策を 肩こりは内臓
歯が体質改善に 更年期障害 美容外科と体質 魚の目、たこ
視力と体質改善 骨ソショウ症 低血圧 枕が健康に
検査はどうする 冷えと浮腫とは 姿勢を整える つぼを利用
疲れと体質改善 改善するには 薬をやめると ダイエットの秘訣
食べすぎは癒着 今までの考え方を 睡眠 便が体の毒を
ダイエット アトピー・アレルギー にきび対策 病院の薬
産後のトラブル 食事で体質を 靴対策 喘息対策
活性酸素 3食の食事は つま先


難しいことは後で、簡単なことからですよ。まず、三日間のトライから始めましょう。



体質改善は自分でできることから
始めよう




長く続けることは大変です。短期間でも楽しくできることからしてみましょう。


体質は自分で変えることができます。
でも、それをどのようにしてするかは、なかなかわからないものです。



体質改善は今から増えるだろうアレルギー、アトピー性皮膚炎も効果がでてきます。




始める前には自分の気持ちをしっかりと持つことも大切です。
あせらず結果を待つのがいいでしょう。



体質改善を身に着けると薬のいらない生活をすごすヒントになれるでしょう。