貧血対策は体質改善から


体質改善のすすめ

あなたは体質改善が難しいと思っていませんか。
なかなかできない体質改善
今からでも遅くはありません、やれば変わります。

体質改善をするためには何をするか。簡単なことから始めるのが一番楽でしょう。



登録フォーム




冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善
アレルギー体質
ワンポイント
顎と体質改善
女性の病
不正出血
リウマチ
体質と貧血
体質改善と歯
高血圧
体質と便秘
妊娠
子宮筋腫
体質と痔
銀行
ごみの話
食べる体質
▼健康雑録▼
冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善



体質改善をいかにして成功させるか。

貧血対策もやはり必要です。貧血は鉄欠乏が多いでしょう。
この鉄は食事から取るのが一番です。サプリメントでとるという人が
いますがまず食事から取ることが大切です。最近の食材も鉄が不足
していることが多くなっていますから、適度のサプリを利用することも
効果があります。


女性に多い貧血、体質改善して元気に



貧血の種類-------------------------


■巨赤芽球貧血(悪性貧血)
■溶血性貧血
■再生不良性貧血
■続発性貧血
■鉄欠乏性貧血



鉄欠乏性貧血について書きます。



貧血になると

貧血になると、身体は低酸素状態になり、生命を維持するために
代償反応が起こります。

一般的には、頭痛、めまい、神経痛、むかつき、顔の蒼白などに
なったりします。




鉄の1日の所要量



成人男性10mg、成人女性10〜12mgといわれています。
1回の生理で約20mgの鉄を失っているとも言われ、生理がある
間は鉄が不足しがちですから、食べ物で取ることもいいですね。

レバーにはときどき食べるとよい。その他にも ひじき、はまぐり、
切干大根、パセリもかなりいいですよ。

十分なたんぱく質がとれていないと、赤血球の生産能力低下します
から注意をしてください。



■つぼ対策



  
  赤血球を作るか壊す  このバランスです。
  
  出血をしているのでなくて、貧血のときは血液を作る機能の低下
  と考えています。
  
  血液は「脾」というところで作ると考えますから、胃の機能アップが
  大切です。
  
  ここでも胃ですね。
  
  それほど大切な胃の機能低下  あなたの脾は元気になってい
  るだろうか。
  
  
  
  
      足の親指
     
      
      
   毎日刺激  つまむだけでも効果はあります。すぐに回復ということ

   でないですが、治療としての一つの方法と考えてください。
   
   血液の流れも良くなって、血液を作る機能アップになります。
   
   左右一回に30回程度つまんでみてください。
   
   痛い程度がいいでしょう。



   つま先  特に末端を刺激することがポイントです。敏感に刺激が

   脳に加わります。脳は刺激を受けるとそれに対して、反応しますから

   敏感に感じる脳は効果がでやすいです。

   鈍感な脳はなかなか反応しないので、効果がでません。


貧血はいろいろなところで、酸素不足になりますから、少しでも回復させ
たいものです。


  


  



簡単なことからできることを試してみませんか。

体質改善の考え方 体質改善は姿勢 食事を2食に 毛細血管の話
心と健康の話 家は姿勢と同じ 冷え対策を 肩こりは内臓
歯が体質改善に 更年期障害 美容外科と体質 魚の目、たこ
視力と体質改善 骨ソショウ症 低血圧 枕が健康に
検査はどうする 冷えと浮腫とは 姿勢を整える つぼを利用
疲れと体質改善 改善するには 薬をやめると ダイエットの秘訣
食べすぎは癒着 今までの考え方を 睡眠 便が体の毒を
ダイエット アトピー・アレルギー にきび対策 病院の薬
産後のトラブル 食事で体質を 靴対策 喘息対策
活性酸素 3食の食事は つま先


難しいことは後で、簡単なことからですよ。まず、三日間のトライから始めましょう。



体質改善は自分でできることから
始めよう




長く続けることは大変です。短期間でも楽しくできることからしてみましょう。


体質は自分で変えることができます。
でも、それをどのようにしてするかは、なかなかわからないものです。



体質改善は今から増えるだろうアレルギー、アトピー性皮膚炎も効果がでてきます。




始める前には自分の気持ちをしっかりと持つことも大切です。
あせらず結果を待つのがいいでしょう。



体質改善を身に着けると薬のいらない生活をすごすヒントになれるでしょう。