体質改善のすすめ

あなたは体質改善が難しいと思っていませんか。
なかなかできない体質改善
今からでも遅くはありません、やれば変わります。

体質改善をするためには何をするか。簡単なことから始めるのが一番楽でしょう。




登録フォーム




冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善
アレルギー体質
ワンポイント
顎と体質改善
女性の病
不正出血
リウマチ
体質と貧血
体質改善と歯
高血圧
体質と便秘
妊娠
子宮筋腫
体質と痔
銀行
ごみの話
食べる体質
▼健康雑録▼
冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善



体質改善をいかにして成功させるか。




体質改善には便秘はよくない。



    胃腸反射の起きやすい朝に食事を取ることもポイント、そして
    出かける前のトイレに行く
    習慣も必要でしょう。してますか、出ないと会社でなんてことな
    いでしょうか。

    出すことが朝の仕事です。

    出なくても五分のトイレに行くという習慣も大切ですね。
    早く起きて時間的な余裕を持って生活習慣を変えてみるのも
    いいですね。座るだけでも胃腸は動きます。


    ストレスが原因の時は発散をしてストレスをためないようにする。
    水溶性の食物繊維をとるようにしてみたらどうでしよう。


    バランスの取れた食生活がやっぱり基本になります。そして
    適度な運動、リズムを正して作るようにしてください。



    水分の補給をすることも大切な要因ですよ。ただ。ミネラルで
    なく水道水でいいでしょう。


    運動は血液循環をよくして大腸の動きを促します。決して特別な
    運度をしなくてもいいですよ。


    それがストレスになるからです。
    一日30分程度の散歩お腹をマッサージをするのがいいでしよう。
    お臍の周りをマッサージするのがポイントなんですね。

    食物繊維をとるように、意外に野菜の量が足らないのが現実
    なんですよ。


食物繊維はいろいろありますが


水溶性食物繊維(水に溶けるもの
)  
 
   水溶性ペクチン:果物、野菜。ジャム、マーマレードのねばねば
   成分。   
   アルギン酸:昆布、ひじき、ワカメ、などの褐藻類(海藻)のヌル
   ヌル成分。
   カラギーナン:のり、天草(寒天)などの紅藻類(海藻)の成分。   
   グアガム(植物ガム):大麦、豆、オーツ麦などの植物細胞に含
   まれる粘りけのある成分。
   グルコマンナン(コンニャクマンナン):こんにゃくの成分。

非水溶性食物繊維(水に溶けないもの)
      
                      
   セルロース:野菜、豆類、穀類のふすま、米ぬかなどに豊富。
   ヘミセルロース:豆類、キャベツ、穀類のふすま、米ぬかなどに
   豊富。 リグニン:ココア、豆類、人参、大根、穀類のふすま、米
   ぬかなどに豊富。
   不溶性ペクチン:野菜、果物などに豊富。                 
   キチン:海老やカニの殻に豊富。
   レタス、セロリ、は野菜でない。
   さらに トマト なんかは果物なんですよ。

    乾燥させたときに形にならないものは、繊維が少
    ない。


   
レタスは野菜ではありません。




トイレに行くことで、体の毒はでます。ごみが出るのですね。

出すことが一番の対策になります。なかなか出ていない女性が増えて
いますがもっと出すようにしてください。





野菜はどんどん食べるようにしたいものです。

ただ

野菜は量が大切で、サンドイッチなどでは量が足りませんから、別の

ものをとるようにして、出来るだけ食べる習慣を身に着けてください。

肉が多くて野菜も一緒より、野菜を多くして肉を減らしておくことが

大切で、大腸ガンのためにも効果があります。








 


  



簡単なことからできることを試してみませんか。

体質改善の考え方 体質改善は姿勢 食事を2食に 毛細血管の話
心と健康の話 家は姿勢と同じ 冷え対策を 肩こりは内臓
歯が体質改善に 更年期障害 美容外科と体質 魚の目、たこ
視力と体質改善 骨ソショウ症 低血圧 枕が健康に
検査はどうする 冷えと浮腫とは 姿勢を整える つぼを利用
疲れと体質改善 改善するには 薬をやめると ダイエットの秘訣
食べすぎは癒着 今までの考え方を 睡眠 便が体の毒を
ダイエット アトピー・アレルギー にきび対策 病院の薬
産後のトラブル 食事で体質を 靴対策 喘息対策
活性酸素 3食の食事は つま先


難しいことは後で、簡単なことからですよ。まず、三日間のトライから始めましょう。



体質改善は自分でできることから
始めよう









長く続けることは大変です。短期間でも楽しくできることからしてみましょう。










体質改善は今から増えるだろうアレルギー、アトピー性皮膚炎も効果がでてきます。




始める前には自分の気持ちをしっかりと持つことも大切です。
あせらず結果を待つのがいいでしょう。



体質改善を身に着けると薬のいらない生活をすごすヒントになれるでしょう。