体質改善のすすめ

あなたは体質改善が難しいと思っていませんか。
なかなかできない体質改善
今からでも遅くはありません、やれば変わります。

体質改善をするためには何をするか。簡単なことから始めるのが一番楽でしょう。


登録フォーム




冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善
アレルギー体質
ワンポイント
顎と体質改善
女性の病
不正出血
リウマチ
体質と貧血
体質改善と歯
高血圧
体質と便秘
妊娠
子宮筋腫
体質と痔
銀行
ごみの話
食べる体質
▼健康雑録▼
体質改善雑録
冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善



体質改善をいかにして成功させるか。







 ■サプリメントを考えてみたい。

   私も以前はいろいろなものを利用していました。

   毎日どこでも取れる栄養。昔は取れなくて、栄養不足という
   こともありました。
   でも、今は飽食で栄養があるようですが、ないかもしれないですね。
   ここで、栄養は食事で取れないのだろうか。

   いえ  取れます。

   昔のように十分に取れるとはいえないでしょうが、気をつけて食
   べると言うことがポイントになるでしょう。

   たとえば

   旬のものをできるだけ食べるようにして、加熱をし過ぎないように
   するのもいいでしょう。


■サプリメントは食事で取りたい。

   サプリメントはたくさん必要だろうか。ものによると値段も高く、
   こんなに高くていいのだろうかと考えることもありますね。


   簡単だから、水で飲める。これで本当に栄養が取れるのだろう
   か。確かにビタミンを取ったりしている。不足している栄養として
   、盛んに言われているのだけれど、栄養学はビタミン学というこ
   とも言えそうです。

   それと、カロリー学ともいえるようです。カロリーだけで考えてはだめ


   でも私が漢方をはじめていると、栄養はあまり考えないです。
   と言ってもいらないということではなく、病院でもそんなにビタミン
   を考えないで治療をしています。

   だめ

   ということでないですが、特別に欠如しているときは必要でしよう。
   栄養はそれだけでなく、自然なものから取るようにするのが一番
   と考えています。



   自然なもの食べ物は栄養だけでなく、そのもののエネルギーとい
   うものがあります。
   肺を強くしたり、利尿作用があったり、ビタミンでなく、全てのもの
   を取るようにしたいものですね。

   食べ物にはまだ、未知のものがあります、未知のものは全てを
   たべることで効果も発揮します。ビタミン学だけに頼るのは、今か
   らの健康を考えると次第に見直されてくるでしょう。




   ミネラルも昔はほとんど認められていなかったときがありますが、
   今からはそれ以外のものがますます、見つかって話題になるで
   しょうが、その前から食べ物の全てをたべる習慣を身に付けて
   ください。



    自然のものから取るように食事を考えたいものです。



■ビタミンは薬のようなもの。

  
ビタミンは植物から取り出した物、薬も薬草の1成分を取り出した物、
これは濃厚なものなので、体にはいいということではない。 植物は
プラスとマイナスのものがバランスよく保たれています。その一部を 
取っても良くなく、自然のままでとるのが一番でしよう。

  
一部の脂溶性のビタミンは副作用もあります。水溶性は少ないでしょ
うが取りすぎもよくなく、天然のもので、全体食が一番。
  
合成のものはよくないのは、当たり前ですね。



お米でも、白米にしたときと、玄米にしたときはどうでしょう。どちらが
いいでしょう。



   

       玄米とこたえるでしょう。


  玄米を取るようにしてみてほしいです。これはビタミンを取ると
  いうことだけでなく玄米のエネルギーを取る。体にエネルギーを
  高めるということです。




  ここで 話は変わりますが エネルギーというと


   老人が若い人と話をすると、元気になるといいます。

    これってエネルギーをもらったということですね。
    このように全てのものにエネルギーがあります。
    白米にしてしまうと、玄米でなくエネルギーがなくなってし
    まいます。
    発芽玄米もしかり、最高のエネルギーが高くなった状態
    ですよね。

    この中のいろいろな成分を気にしなくてもいいです。ギャバと
    かいいますがそんなの関係ないです。ただ 体にいいという
    のの、自然な形で取るようにしてみてください。

    旬の食べ物はエネルギーがあるといわれています。食材の
    最高の栄養をとりいれているといわれています。


■ビタミン剤もいろいろある。

    最近 海外のビタミン情報があります。日本との違いを話し
    ています。でもこれも予防を考えて話題になります。
    ただ 値段が高いということもあります。値段はびっくりするよ
    うなものもあり、そしてネットワークのビジネスとしての、薦め
    られるケースもあるようで、トラブルもあります。私もいろいろ
    使ったりしました。

    海外のビタミンの必要量は日本人より多く取るようにいわれ
    ています。これも体型も関係しているので、量が多くなるので
    しよう。食事の量が多いのも関係しているでしよう。


    間違いでないでしょうが、日本人は海外より体格が小さいの
    でそれほど量を気にする必要もないと考えています。

    あまり気にし過ぎないようにして、自分にあったものを取るよ
    うにしてください。
    あまり安いのも成分が少なくなつていますので注意ください。


■ビタミン剤は体にいいのか。


     
私はこんな風に考えます。

     反対はしないんですが、総合ビタミン剤にはビタミン、ミネラル
     、アミノ酸が入っていることが多いでしょう。成分を見てみると
     わかります。
     でも、野菜を食べたときに野菜にビタミン、ミネラル、アミノ酸だ
     けでしょうか。

     野菜の効果、未知の成分、ポリフェノール、などいろいろなも
     のは、ビタミン剤に入っていません。


     入れることができないんです。生きている野菜と死んでいる
     野菜があるのです。
     熱を加えることで野菜が死んでしまうこともあるのです。


    
 ビタミンは必要です。でも、ビタミンは生きていないことが多く、死ん
 でいるというこです。

  死んだ栄養でなく、生きている自然の栄養を取ることが一番の体質
  改善にも役立ちます。





  



簡単なことからできることを試してみませんか。

体質改善の考え方 体質改善は姿勢 食事を2食に 毛細血管の話
心と健康の話 家は姿勢と同じ 冷え対策を 肩こりは内臓
歯が体質改善に 更年期障害 美容外科と体質 魚の目、たこ
視力と体質改善 骨ソショウ症 低血圧 枕が健康に
検査はどうする 冷えと浮腫とは 姿勢を整える つぼを利用
疲れと体質改善 改善するには 薬をやめると ダイエットの秘訣
食べすぎは癒着 今までの考え方を 睡眠 便が体の毒を
ダイエット アトピー・アレルギー にきび対策 病院の薬
産後の病気 食事で体質を 靴対策 喘息対策
活性酸素 3食の食事は つま先


難しいことは後で、簡単なことからですよ。まず、三日間のトライから始めましょう。



体質改善は自分でできることから
始めよう




長く続けることは大変です。短期間でも楽しくできることからしてみましょう。


体質は自分で変えることができます。
でも、それをどのようにしてするかは、なかなかわからないものです。



体質改善は今から増えるだろうアレルギー、アトピー性皮膚炎も効果がでてきます。




始める前には自分の気持ちをしっかりと持つことも大切です。
あせらず結果を待つのがいいでしょう。



体質改善を身に着けると薬のいらない生活をすごすヒントになれるでしょう。