虫歯の治療対策、頭痛

スポンサードリンク

 

虫歯の予防について

 

虫歯は、

 

脱灰・均衡・再石灰化

 

 

溶けて、溶けるのが止まる 再び固まる

 

この過程があります。、

 

脱灰は耐酸性の低い部分から起こります。

 

そして再石灰化の際に固まる部分が耐酸性が

 

高まっていきます。

 

そして

 

微量のフッ素が存在すると耐酸性が高まります。

 

ということでフッ素がよいといわれているのです。

 

 

 

青年期、壮年期にかけては歯の成熟には時間

 

がかかりますから、若いときから対策が必要です。

 

 

次に

 

唾液も予防に効果があります。

 

唾液は食べ物や歯垢のことを洗い流して歯の再石灰化

 

プラークを中性にする働きがあり、虫歯を作らないよ

 

うにしています。

 

しかし、眠っているときはほとんどの唾液の分泌が

 

止まります。

 

ということは夜に虫歯の原因をつくってしまいます。

 

夜寝る前には歯を磨いておくことも当然対策に効果

 

ありですね。

 

スポンサードリンク