体質改善のすすめ

あなたは体質改善が難しいと思っていませんか。
なかなかできない体質改善
今からでも遅くはありません、やれば変わります。

体質改善をするためには何をするか。簡単なことから始めるのが一番楽でしょう。




登録フォーム




冷え性体質改善
中耳炎、蓄膿症
朝を改善
アレルギー体質
女性の病
不正出血
リウマチ
体質と貧血
体質改善と歯
高血圧
体質と便秘
子宮筋腫
妊娠
子宮筋腫
体質と痔
銀行
▲保険対策
●読んでほしい本






体質改善をいかにして成功させるか。



更年期障害って何だろう。実はよくなるんです。薬でなく・・



  
更年期というと女性には必ず来ます。女性の通過点です。当更年期があっても感じない人もいます。
  
といっても、更年期のつらさがある人は、個人によってかなり違います。生理痛も個人差が大きいですね、ホルモンが女性のつらさを決定します。そのホルモンをなんとか解決したいものです。ご存知のはずなので簡単に更年期のことを。
  
  
  
■更年期とは、
 
  
  月経が終わる閉経年齢をはさんだ約10年間を言います。
  日本人の閉経年齢は平均51歳と言われていますが、早ければ40歳代前半、遅ければ   50才後半になる人もいます。


  しかし 更年期のトラブルはホルモンの減っているときがつらいものです。
  
  症状にもいろいろあって、心の悩み、体の悩みなどいろいろなところに
  出てきます。
  病院では「自律神経失調症」なんて言われたり、病名もぱらばら、そして
  
  つらさがあまりない人、かなりつらい人、があるようですね。
  

  
■更年期障害の原因 
  
  
  女性ホルモンの減少
  年齢的な体の変化
  環境の変化
  ストレスなど心理的な面
  
  
  
  複雑に絡み合っていることがあるようで、ホルモンの減り方が
  問題と考えます。ホルモンは少しずつ減ればいいのです
  臓器は血液量が減ると、機能を低下させてしまうということです。
  血液量は自律神経が特に関係していますから、それを整えるのが
  ポイントになります。
  
  
  女性ホルモン(エストロゲン)
  
  視床下部が血液のなかのエストロゲン濃度を調べて少ないと判断したときに
  その情報は脳下垂体に伝えられます。
  視床下部から脳下垂体→卵巣へ指令が伝わると分泌されるようになっています
  
 


■どんな人がなりやすいのか。あなたもなりやすい。



定義はできないが、ストレスがかなりの影響をするでしょう。毎日の家庭の
環境もストレスに なります。閉経、夫の定年、介護、子供のストレス、自分
の健康、などストレスの原因がたくさん

身の回りに多くなっています。こんな環境が絡み合って精神的なストレスに
なってしまい、ホルモンを管理できない体になってしまい、更年期になる
ケースが多いようです。




■どんな対策ができるか。毎日の対策が更年期にはいいんです。




病院でホルモン剤を飲めば簡単に良くなるでしょうが、しかしそれだけで
いいのでしょうか。

薬に頼っていてはやはり、体が治癒力をなくしてしまうのではないて゜しょうか。
決して病院、薬が悪いのでなく、少しでも薬に頼らない生活をしたいものです。


体を冷やさないことも大切です、生理のトラブルは冷え症体質なんですね。
冷える環境はいまはたくさんあります、女性なら服装もしかり普段の生活環境を
少しずつ変えてくださいね。

体質改善をすることで更年期障害はよくなりますが、体冷えている間はどうしても
自然治癒力がありませんから、なかなか改善できません。体質改善をするためにも
温かくする習慣を身に着けていただきたい。そのためにも食事などなど心がけて
ください。

ますます更年期障害が増え体が冷える環境は増えます、足元から温かくしてください。






             



簡単なことからできることを

体質改善の考え方 体質改善は姿勢 食事を2食に 毛細血管の話
心と健康の話 家は姿勢と同じ 冷え対策を 肩こりは内臓
歯が体質改善に 更年期障害 美容外科と体質 魚の目、たこ
視力と体質改善 骨ソショウ症 低血圧 枕が健康に
検査はどうする 冷えと浮腫とは 姿勢を整える つぼを利用
疲れと体質改善 改善するには 薬をやめると ダイエットの秘訣
食べすぎは癒着 今までの考え方を 睡眠 便が体の毒を
ダイエット アトピー・アレルギー にきび対策 病院の薬
冷え症 食事で体質を 靴対策 喘息対策
産後の病気 活性酸素 3食の食事は つま先


難しいことは後で、簡単なことからですよ。まず、三日間のトライから始めましょう。



体質改善は自分でできることから
始めよう








長く続けることは大変です。短期間でも楽しくできることからしてみましょう。


体質は自分で変えることができます。
でも、それをどのようにしてするかは、なかなかわからないものです。



体質改善は今から増えるだろうアレルギー、アトピー性皮膚炎も効果がでてきます。




始める前には自分の気持ちをしっかりと持つことも大切です。
あせらず結果を待つのがいいでしょう。



体質改善を身に着けると薬のいらない生活をすごすヒントになれるでしょう。