体質改善すると肩こりもよくなってくる


体質改善のすすめ

あなたは体質改善が難しいと思っていませんか。
なかなかできない体質改善
今からでも遅くはありません、やれば変わります。

体質改善をするためには何をするか。簡単なことから始めるのが一番楽でしょう。



登録フォーム




冷え性と体質
中耳炎、蓄膿症
体質改善と朝
アレルギー体質
ワンポイント
顎と体質改善
女性の病気
不正出血と体質
リウマチと体質
体質と貧血
歯からの対策
高血圧の体質
便秘体質
妊娠の注意
子宮筋腫について
痔を治療
吹き出物を改善
省食で改善
銀行にも
●保険対策
●読んでほしい本
ごみの話
●東洋医学で改善
食事で体質改善
●雑録
小さな事から対策
 



体質改善をいかにして成功させるか。




体質改善と肩こり

肩こりはほとんどの人が持っている悩み、なかなかよくならないと言われて
います。この原因はなんでしょう。


簡単なことではないのですが、参考にしてください。

いろいろな原因があるかもしれないですが、できることはやってみましょう。

自分で頑張りましょう。




肩こりの種類



     本態性肩こり
     心因性肩こり
     症候性肩こり






に簡単に分けられしょう。



原因



      筋肉の緊張、疲労ということ、血流の悪さ




背中などの筋肉そして骨とのバランスの悪い為に緊張

してしまうことで感じるものですね。

血流がどうしても悪くなってしまいます姿勢は血流が悪くなります。

ひどくなると、手足の痺れなども出てきて痛みを感じるように

なる人もいます、ヘルニアなどの原因にもなりかねないし手術という

ことになりそうです。





体質改善はこれらにならないために体質を改善することで

治療そして予防をしてもらえます。



病院で注射、薬、電気、マッサージ  をするのもいいかも

しれないですが、まず、自分で出来ることをしてみましょう。

アルコールは炎症を作ってしまいますから注意してください。

アルコールは麻酔効果がありますから症状を和らげる作用が

ありますから注意も必要です。飲みすぎが良くないのですね。

眠っている間の姿勢にも関係しています。

眠っている時が自分の姿が現れます。

枕も関係していたりしますから、注意をして高さを調節して

ください、個人差がありますから人の枕は使わないほうが

いいでしょう。市販の枕には注意を。





■対策

首を冷やしたり、深酒などをしたり、荷物を持ちすぎたり

する環境を解消すること。

首、肩の筋肉を緊張しないように、ゆっくりと大きく

まわしてみてください。ストレッチなどもいいでしょう。

ゆつくりと、グーーーーと伸ばしてみましょう。

腕を上にのばすのもいいですね。

一回に5から10秒程度伸ばしてください。これを数回

時間を見つけてするのがいいでしょう。



体質改善にはこのような運動もいいし、食事 そして

血流をよくする、姿勢を整えるなどにより対策ができます。

体質改善は肩こりのためではありません。体のためですから

全てに関係しています。

内臓からくる肩こりもありますから注意してください。

これも体質改善でよくなるケースがあります。


肩こりだけのものはないと考えています。






■肩こりで内臓が原因でも、検査をしても悪くないのに肩こりが

原因のものがあります。東洋医学では脈で検査をしますが触って

その内臓を治療すると肩こりが良くなることがあります。不思議な現象

ですが、実際にあります。




胃からくる肩こり

肝臓からくる肩こり

腸からの肩こり



などいろいろありますから、対策をしてください。これは治療が必要かも

しれないですね。







簡単なことからできることを試してみませんか。

体質改善とは 姿勢で体質ん以前 食事の回数 毛細血管と体質
心から対策 家と姿勢を考える 冷え性対策
肩こりの対策
歯を治療すると 更年期障害と体質 美容外科について 魚の目、たこ
視力も対策 食事と骨ソショウ症 低血圧を考える 枕と首が
検査を考える 冷え性とむくみ対策 姿勢を整える つぼを使う
疲れやすい体質 体質改善に必要なこと 薬はだめ ダイエットの方法
癒着も原因 考え方を変える 睡眠を取る 毒を出せば
ダイエット アトピー・アレルギー にきび吹き出物 薬について
産後の病気 食事と体質 改善は靴から 喘息治療
完璧ではだめ 活性酸素対策を 3食の食事は つま先で改善


難しいことは後で、簡単なことからですよ。まず、三日間のトライから始めましょう。



体質改善は自分でできることから
始めよう




長く続けることは大変です。短期間でも楽しくできることからしてみましょう。




体質は自分で変えることができます。
でも、それをどのようにしてするかは、なかなかわからないものです。



体質改善は今から増えるだろうアレルギー、アトピー性皮膚炎も効果がでてきます。




始める前には自分の気持ちをしっかりと持つことも大切です。
あせらず結果を待つのがいいでしょう。



体質改善を身に着けると薬のいらない生活をすごすヒントになれるでしょう。