体質改善のすすめ

あなたは体質改善が難しいと思っていませんか。
なかなかできない体質改善
今からでも遅くはありません、やれば変わります。

体質改善をするためには何をするか。簡単なことから始めるのが一番楽でしょう。




登録フォーム




冷え性と体質
中耳炎、蓄膿症
体質改善と朝
アレルギー体質
ワンポイント
顎と体質改善
女性の病気
不正出血と体質
リウマチと体質
体質と貧血
歯からの対策
高血圧の体質
便秘体質
妊娠の注意
子宮筋腫について
痔を治療
吹き出物を改善
省食で改善
銀行にも
●保険対策
●読んでほしい本
ごみの話
●東洋医学で改善
食事で体質改善
●雑録
小さな事から対策
 







体質改善をいかにして成功させるか。




痔は体質改善でよくなります。


痔はたくさんいますね。

でもなかなか診察もいけないし、行きたくないものです。


その原因も



長時間の机での仕事
寒さ
低体温
運動不足
不規則な生活
栄養不良
下痢、便秘



さらに


飲酒
刺激物




  などが影響しています。






つらい痔  トイレで悩んでいる人はたくさんいます。



    宴会を付き合ったときに お酒を飲んで 翌朝 必ず出血。
    血を見るのがこわい。
    痛みがあるので つらくてトイレにいけない。
    病院に行きたいけれど 恥ずかしくて行けない。
    わたしは手術を四回しました。でも またつらいんです。
    相談したいけれど顔を見て話をするのが恥ずかしいんです




こんなに 悩まされている人が、 全国に 3000万人いるともいわれます。
なぜこんなに病気が増えるのか、それは適切な治療をする機会がないという
ことです。


何もしない人が、 さらに たくさんいるとも言われています。この苦しみをだれに
言ったらいいのか 気軽に話をできても解決策はでてこない。 友達も痔だったり
するから、だから 自己流の手当で解決しようと 判断する。

こんな人が痔になりやすいです。

   便秘
    下痢
    トイレが長い人
    食べ物を選んでしまう人
    野菜が嫌い

さらに

    いつも立ちっぱなしで仕事をする人、
    タクシーの運転手のように長時間座ったまま仕事をする人。
    妊娠出産
    偏食
    内臓疾患
    疲労寝不足
    酒の飲み過ぎ
    肝臓の弱り
    辛いものがすき


痔は普段の心がけでよくなる可能性はたかいです。


軽いときはいいのですが薬でよくなる可能性も高い、でもなかなかそんなときには
治療をしないもの。

痔の薬で炎症を抑え止血して、それ以上悪化しないようにしましょう。
日常的な心がけとしては、おしり周辺の清潔を保つとともに、血行をよくするため
に毎日の入浴をしておくことがポイントです。


また、できればシャワー式トイレでいつもおしりの清潔と保温を心がけてください。

シャワー式トイレがないときには、お風呂場のシャワーや洗面器にお湯を入れて
つかる坐浴もいい方法です。。



薬に頼るだけでなく、自分で体質改善をしましょう。


   お腹を緩めてみる、お腹が硬い人が腸の流れもよくないんですね。
   便にも影響が起こります。
   食事を繊維質のものにしてみる。
   茄子、唐辛子、こしょう などの刺激物を減らすようにしてみる
   深呼吸を十分にしておく。といつても 腹式呼吸がいいでしょう。



    ●  毎日入浴して 清潔にする
    ●  おしりの手当をすること
    ●  肝臓の働きを良くする



長時間のデスクワークをしたり立仕事などを避け、椅子から立ち上がって

屈伸をすることが効果があります。

また、いすの対策も必要です、あまりすわり心地のよいデスクチェアや座布団

を使用したりしないでください、気持ちの良い靴などに変えることで、改善が

期待できます。

長時間のオーバーワークが続く場合には、十分な睡眠・休息をしっかり取る

ことで体に余裕が出ます、リラックスする時間を作りたいものです。



さらに寒い部屋などでじっと動かないでいると、血流が悪くなるため欠陥が細く

なるため、部屋を暖かくしたり冷えないように服を着ること。厚手の靴下・

膝掛け・座布団を使ったり、部屋の管理とくに温度管理をエアコンなどで

効果的に使ってください。「貼るタイプのカイロ」が効果あり便利に使えます。

腰やお尻につけることも効果があります。

さらに

散歩や、ランニングなど運動をすること。

全身のストレッチをしたり、大きく動いたりして、片足で立つようにすることも

効果があります。お尻を軽く閉めたり開いたりをするストレッチ運動を、しばらく

繰り返すことも効果的があります

お風呂に入らなかったり、シャワーで済ませたりしないで、毎日きれいにして

ください。体温が下がって痔になりやすくなる。すこし温めの風呂に長めに

入ることでも、血流が良くなります。

夜更かしをしないなど、規則正しい生活をすることで、血流がよくなり予防

につながる。


水分はしっかり取り、繊維の多い野菜などを取るなどして、栄養状態にも

気を配ること。

いきみ過ぎないように心がけどのタイプの痔でも「便の状態」はやわらかく

なるようにして下痢でも硬すぎても、肛門ひいては痔を悪化させる。




こんな注意を少しずつ やってみてください。
わたしのところで治療をしていますが、 やはり 行きたくないというのが
本音ですよね。   はずかしいから。


自分でできることは自分で やってください。それから治療が始まります。

病院に行くことはだめでなく 、まず自分でできることは自分でやつてみること。

でも 頑張る気持ちが必要なことは当たり前なので がんばってください。



まず  簡単なことからはじめましょう。



  



簡単なことからできることを試してみませんか。

体質改善とは 姿勢で体質ん以前 食事の回数 毛細血管と体質
心から対策 家と姿勢を考える 冷え性対策
肩こりの対策
歯を治療すると 更年期障害と体質 美容外科について 魚の目、たこ
視力も対策 食事と骨ソショウ症 低血圧を考える 枕と首が
検査を考える 冷え性とむくみ対策 姿勢を整える つぼを使う
疲れやすい体質 体質改善に必要なこと 薬はだめ ダイエットの方法
癒着も原因 考え方を変える 睡眠を取る 毒を出せば
ダイエット アトピー・アレルギー にきび吹き出物 薬について
産後の病気 食事と体質 改善は靴から 喘息治療
完璧ではだめ 活性酸素対策を 3食の食事は つま先で改善


難しいことは後で、簡単なことからですよ。まず、三日間のトライから始めましょう。



体質改善は自分でできることから
始めよう












長く続けることは大変です。短期間でも楽しくできることからしてみましょう。


体質は自分で変えることができます。
でも、それをどのようにしてするかは、なかなかわからないものです。



体質改善は今から増えるだろうアレルギー、アトピー性皮膚炎も効果がでてきます。




始める前には自分の気持ちをしっかりと持つことも大切です。あせらず結果を待つのがいいでしょう。


できることから始めるようにしましょう。決して無理をしないことが大切です。

Copyright (C) All Rights Reserved.
体質改善のすすめ