ニキビと吹き出物の治療と原因  体質改善のアドバイス







年齢とともに変化する肌

吹出物にかきらず、ニキビなども肌の管理不足、特に乾燥肌からの影響を受けるケースも増えています。乾燥すればするほど肌のトラブルを作る原因になっています。


ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などのムコ多糖、細胞間脂質のセラミド、天然保湿因子NMFなどの保湿成分は肌には大切なものですが年齢とともに作ることができなくなってきます、そのため、肌の乾燥はますます進んでいきます。保湿は自分でできなくなると外から保湿できる環境を作ってあげるほうが効果は早いです。でも少しでもそうならないために保湿対策をしておく必要があります。


乾燥肌になると、角質が硬質化してしまいますからますます吹出物の原因になったり、にきび、その他の肌のトラブルの原因になります。乾燥したときの角質との相田に菌が繁殖したり傷ができたりして、汚くなってにきび、吹き出物の原因になってしまいます。

乾燥したことで、毛穴の中のゴミが出なかったりしますから、細菌の繁殖が進んだりして吹出物ができることが増えます。

こうなると肌の保湿力が低下していますから、かゆみが出たり肌を傷つけたりして、にきびなどの原因にもなります。

乾燥肌、吹出物、ニキビのために外からでなく中からも対策が必要ですが、サプリメントなどで肌の乾燥を補う事もいいでしょう。いま話題のコラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンCなどが有効に
なります。

もし化粧品を使うなら乾燥肌用の化粧品などを使うことで外からと中からの対策をすることが大切ですが、内側からの治療もすることを忘れないようにしてください。


部屋の温度も乾燥肌と関係していますから、湿度を一定に保つ事を考えて水を部屋に置くこともいいですね。部屋に植物を置くことで気分も良くなり、湿度も管理できますから観葉植物を置くこともいいでしょう。

冬は湿度管理をしておく必要があります。






-